新着情報

子ども堺学とは

子どもたちが生きるまち「堺」を教材とした、知の探究をテーマとします。地域の資源を活用した学びの実現をめざし、子どもたちの学習した成果を蓄積します。

なんの為に学ぶのか?

堺の子どもたちが「自立した市民」となるために、子どもたち自身が生活する地元に教材をもとめ、「子ども堺学」として学び、堺に愛着や誇りをもち、地域や国際社会に主体的に参画できる人づくりをめざします。

どんな学びなのか

「子ども堺学」では、地域教材を体験することを何よりも大切にします。そのために、子どもたちが身近なところに、興味・関心をもち、問題を発見し、自ら考え、友だちと協力しながら、解決に向けて取組むことができるようなプログラムを作成します。地域人材や地元企業等の協力を得ながら、ワークショップやフィールドワーク、調査研究を行い、学習成果を学校内外で発表(情報発信)する等、探究的な学習を通して、自己表現力やコミュニケーション力を育みます。


具体的実践のために

カリキュラム表(教科との展開例)

指導案(総合・各教科)
(カリキュラム表・教育プログラム・指導案・ワークシート・テストなど)


堺市の教育資源

堺市の取組

堺市の計画・指針を見ることができます →堺市HP(計画・指針)

一例

  • 堺21世紀・未来デザイン
  • 堺市マスタープラン さかい未来・夢コンパス
  • 堺市国際化基本指針
  • 堺市国際化推進プラン
  • 堺市人材育成基本方針
  • 区域まちづくりビジョン
  • 堺市環境モデル都市行動計画
  • 堺市循環型社会づくり計画
  • 食育推進計画
  • 子ども青少年育成計画
  • 緑の工場ガイドライン

色々な分野から見た堺


こどもページへ